ルミガンの副作用について

MENU

ルミガンを使おう、と考えている人の中には、副作用を心配する方もいると思います。
長く使い続けるものなので、副作用は心配ですよね。
では、ルミガンには副作用があるのでしょうか?
ここからは「ルミガンには副作用はあるのか?」ということについて解説をしていきます。

 

ルミガンは、現在ではまつげ育毛剤としても販売されていますが、最初は緑内障の点眼薬として使われていたものです。
点眼薬とは目薬のことです。
目に入れるものだから、安全性については高いものが使われます。
そのため、深刻な副作用は基本的になく、安心して使えるものです。

 

ただ、まれに目の下にクマのような黒ずみが出来る人もいます。
でも、これは基本的な使い方を間違えていることで副作用が出ていることが多いんです。
それは、下まつげにまでルミガンを塗っている、という事です。
ルミガンを使うときには、下のまつげには塗らず、上のまつげだけに塗るのが基本です。
そうすることで、黒ずみを防ぐことが出来ると思います。

 

ここで、「下まつげに塗らなくてもいいの?」と思われるかもしれませんが、まばたきをするときに、勝手に下のまつげにもルミガンが行き渡るため、必要ないのです。

 

もし目に入ったとしても心配はありませんが、目に違和感を感じたり、かゆみや充血、目が乾燥するといった異常を感じたら、すぐに使用を中止してください。

 

ただ、この副作用が出る人の割合は非常に少なくて、このような副作用が起きる割合は、全体の3.8%だそうですので、ほとんどの人は安心してルミガンを使っていただけると思います。

 

そもそも、緑内障治療のための目薬として使われていた「ルミガン」なので、使っても身体的に問題が出ることはありません。

 

万が一、副作用が出る場合でも、健康には全く問題がないものです。

 

本来、目薬なので体にとっての安全性が保証されています。

 

正しい使い方で使い続ければ、副作用はほとんど心配することはないでしょう。

 

 

次のページは?

 

ルミガンを正しく使えば、副作用は出ない、ということでした。
では、その「正しい使い方」とは何でしょうか?
さらに、ルミガンの効果を最大にする使い方はあるのでしょうか?
次のページでは、「ルミガンの正しい使い方」について解説しています。
ぜひ読んでみてくださいね!